有名人が眠る霊園紹介

有名人が眠る霊園と聞いてすぐに頭に浮かぶのが、今は亡き名俳優が眠る墓です。

海を見渡す小高い丘の上に立ち、在りし日をしのんでたてられたその墓はその霊園の中でも常に多くの参拝者があり、今でも大勢の人々の心の中に深く根付いていることを物語っているといわれています。

彼の愛した夫人の思いの詰まった詩を刻んだ碑とともに、その清冽な生きざまが今現在でも奥の人の心の中に深く存在しているのです。有名人が眠る霊園というイメージから、さぞかしきらびやかで豪奢な墓を想像しがちですが、特に華美なしつらえに走ることもなく、惜しまれてこの世を去った故人が偲ばれるような墓です。

有名人と言えば男優や女優を想像する人は多いのですが、やはり歴史上の著名な人物の墓も外すことができません。例えば上杉健診ですが、川中島の合戦のドラマが頭に浮かびます。武田信玄と戦うこと前後5回を数え、妻も持たず、48歳の生涯を戦にささげた人物としてよくその名を知られています。景勝は父の死後に叔父である上杉健診の養子となり、関が原戦に敗れて徳川方より米沢に厳封されたのが米沢上杉家の始まりといわれています。

上杉家の墓は広い敷地の中に建立されていて、大名の墓としてはかなり不統一なもので、墓石も色や形がとりどりです。米沢藩史の墓としては、上杉憲政、上杉謙信、上杉景勝、上杉定勝、上杉鷹山治憲などが祀られています。

また関ヶ原の合戦で敗れ、伊吹山山麓に逃げて潜伏したが、京都の六条河原で小西行長らとともに斬首されたという史実が残っている、戦国の秀才武将である石田三成の墓も有名です。石田三成の墓は京都の大徳寺にあり、得小戸時代には徳川家が石田三成の墓を許さなかったとされています。このため三成の墓は土に埋められ、世の中に顔を出さなかったのですが、明治時代の終わりに関西の実業家によって日の当たる場所に移されたという記録があります。

石田三成は大変に才知で頭角をあらわした人物であり、15歳で秀吉に見いだされて、その後最年少で奉行に昇進し、秀吉の天下の際には破竹の勢いだったといわれています。

秀吉亡き後に関ヶ原の戦いに挑んで家康に敗れ、家康によって処刑されたことはもちろんですが、その先祖の墓石まで破壊され土中に埋めさせたということから、家康の三成に対する憎しみの大きさが偲ばれます。彼の長男の重家は、京都のある寺に入門し、父の例を和らげるために僧侶になったとも言われています。

確かな技術とアフターサービスでお客様のお墓作りをサポート致します。是非一度ご相談ください。 当社はお墓探しには重要な、お客様からのお声をもとに最新ニーズを把握した上で、お客様にぴったりのお墓のご紹介をしております。 生涯末代まで受け継がれる大事なお墓づくり・墓地選びを当社がしっかりサポート致します。 失敗しない霊園探しなら美郷石材へ。